■リンク

宣 言
活 動 歴

編曲著作権に関する宣言


 一つの楽曲が CD 等の形で世に出るまでに、編曲家による楽曲のアレンジを経ているのが一般である。このアレンジによって、その曲は次元の高い楽曲へと昇華され、一つの商品として完成される。CD 等の制作においてしめる編曲家の役割は極めて重要なものであり、編曲家は作詞家、作曲家、演奏家、制作者等と共にわが国の音楽文化の基礎を支える柱の一つである。
 聞き手やカラオケ愛好家の多様な嗜好に対応するために、今日、編曲家の役割は日増しにその重要性を増している。
 しかし、このような編曲家の重要な役割にもかかわらず、現在の音楽産業界においては、編曲家の音楽文化への貢献と基本的な権利(著作権)について、正当な評価がなされておらず、著作権法上の権利は全くの「画餅」の状態にある。
 世上、編曲家の著作権を形式的には認めつつも、「音楽業界の商慣習として編曲家への配分は認められない」とし、実質的に編曲家の著作権を否定する見解があるが、当会はカラオケが今日のように隆盛をきわめ、デジタル方式の通信カラオケが瞬時に店舗に供給され、編曲家の業績が連日無償で使用しつづけられている現状に照らして、上記の見解は到底妥当性をもたないものと考える。マルチ・メディア時代を迎え、多くの音楽ソフトが一般家庭に配信されようとしている現在、編曲家の業績の無償使用を放任することは、公平の大原則に著しく背馳するものである。
 編曲家をめぐるこのような現状に鑑み、当会は、わが国における編曲家の集団の文化的責務として、編曲著作権に関する以下の宣言をなすものである。

1. 編曲著作権は編曲がなされたその時に成立し、当会所属の会員は、文書による明示の公正な合意による場合を除いて、編曲著作権を第三者に譲渡しない。

2. 楽曲が最初に公表されたときの編曲(イニシャル・アレンジ)を使用する場合、これを使用する関係者は、そのイニシャル・アレンジをした編曲家の著作権(録音権・演奏権等の著作財産権)を尊重し、適正な使用料をその編曲家に支払うべきことを求める。

3. 編曲家は自らの編曲著作物について著作者人格権(公表権・氏名表示権・同一性保持権)を有するものであり、編曲著作物を使用する場合、その関係者は氏名表示等を公正に履践し、著作権法を遵守されるよう求める。


1995年9月1日
日本作編曲家協会(JCAA)
会長 服部克久