Essayに戻る!

** PROFILE **

千住 明 作曲家/Composer

1960年10月21日東京生まれ。慶応義塾大学工学部を経て東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。 東京芸術大学大学院音楽研究科作曲専攻を首席で修了。修了作品「EDEN」は史上8人目の東京芸術大学買上となり、同大学芸術資料館に永久保存されている。南弘明、黛敏郎の各氏に師事。

芸大在学中からその活動は、ポップスから純音楽まで多岐にわたり、作曲家・編曲家・音楽プロデューサーとしてグローバルに活躍。ソロアルバム、メインアルバム、プロデュースアルバムは数多い。

映画「226」「RAMPO〜国際版」「わが心の銀河鉄道」「愛を乞うひと」「黄泉がえり」、テレビドラマ「高校教師」「家なき子」「ほんまもん」「砂の器」、アニメ「機動戦士Vガンダム」、NHKスペシャル「世紀を越えて」、NHK「日本 映像の20世紀」、CM「アサヒスーパードライ」「コスモ石油」等、音楽を担当した作品は数多い。

オーケストラ作品では、フィルハーモニア、チェコフィル、ワルシャワフィル、N響、等の録音のCDがあり、ヴァーツラフ・ノイマン、シャルル・デュトア等の巨匠指揮者とのセッションも多い。
又、ヌーノ、カート・エリング、ジェーン・バーキン、シセル、ザンフィル等の海外アーティストのプロデュースも多く手がける。
'97年第20回、'99年第22回、'04年第27回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。
'99年第13回TOYP大賞受賞。'01年第28回ドラマアカデミー賞劇中音楽賞受賞。
著書「音楽の扉」(時事通信社)。

(2004年3月現在)



PAGEのTOP へ!