Essayに戻る!

** PROFILE **

五木田岳彦 Takehiko Gokita, Ph.D.
作曲家、編曲家、ピアニスト、音楽プロデューサ

1961年生まれ。国立音楽大学時代に渡米。ニューイングランド音楽院を首席で卒 業後、ハーバード大学大学院作曲科で博士号取得。卒業後、同大学にて作曲、音楽理 論の教鞭をとる。ハーバード大学最優秀講師賞、スプラギュー管弦楽作曲賞他、受賞 多数。在学中は作曲家としての活動以外に、コーラス団員としてボストン・シンフォ ニー(小澤征二、音楽監督)と共演。1999年には芸術家としての特別な功績を認 められ、アメリカ移民局より最高位の永住権を与えられる。今までに数々のオーケス トラ曲、室内楽曲などの作曲、編曲、CD、DVD制作、映画音楽制作、またミュージカ ル、ダンスパフォーマンスなどの舞台音楽などを制作している。今までにカーネギー ホール、ボストン・シンフォニーホール、アスペン音楽祭、イースタン音楽祭、マー ブルヘッド音楽祭など、全米各地で作品が紹介されている。またアメリカ国営放送の 音楽番組にゲストとして出演多数。また、皇太子殿下、雅子様御成婚記念作品の作 曲、指揮。この模様はNHKニュースでも紹介される。アメリカ映画「パテ」では音 楽プロデューサとして活躍。この作品は2001年度カンヌ映画祭、サン・ダンス映 画祭、ニューヨーク映画祭、ベルリン映画祭などをはじめ、世界各地で数々の賞を受 賞。CNNでも紹介され、アメリカで最も注目された短編映画の1つである。

日本ではシエナウインドシンフォニー(佐渡裕、指揮)、神奈川フィルハーモニーな どの作曲、編曲。また最近人気の室内樂ユニット、クリスティーナ・アンド・ローラ のプロデュース、作編曲。宝塚歌劇団の音楽担当(小池修一郎作品)。自ら原作、脚 本、音楽制作を手がけたオリジナル・ミュージカル「マンハッタン・コレクション」 は来年のミュージカル月間の作品として選ばれ、東京芸術劇場にて再演が予定されて いるなど、多方面に渡った才能を発揮している。また東芝EMI、ビクターエンター テイメントのプロデューサとしてのCD制作。さらに、話題の商品として各業界から 注目されている、犬と飼い主を同時にリラックスさせるために作られたブックCD 「愛犬音楽館」(徳間書店)の作曲など、その活動範囲は広い。2001年には ニューヨークで音楽制作会社(株)natural five, inc.を設立。その第一弾、日本の 童謡をトランペットとピアノのための作品として収録した 「recollection-progression」をアメリカで発売。このCDにはアメリカテロ同時多 発事件犠牲者のための追悼曲も含まれている。

今後の活動として、ニューヨークでは、ブロードウエー・ミュージカル「サウンド・ オブ・ミュージック」、「クレイジー・フォー・ユー」、「シカゴ」などの編曲家と して知られる世界的巨匠、ピーター・ハワードの、最新CD制作のアレンジャ−、音 楽監督。今年11月には読売交響楽団と中川英二郎(トロンボーン)のための作曲、 またピアニストとして共演(井上道義、指揮)。このコンサートは日本テレビの音楽 番組「真夜中のコンサート」にて放送が予定されている。

マネージメント:クリスタルアーツ・プランニング


PAGEのTOP へ!