*その1へ *その2へ *その3へ *その5へ

中西長谷雄

ロサンゼルス留学記(その4)


USCの映画音楽コースは一年のプログラムです。秋学期が終わり、ようやくロサンゼ ルスの交通標識や公共料金の支払い方法に慣れてきたころにはもう半分が過ぎていま した。一年で終わりですから新入時のごたごたと四年生の就職騒ぎが一緒にやってき ます。入学したとたんに卒業後の計画を立てなければなりません。しかも始めての長 期外国生活で、「生き馬の目を抜く」映画産業の仕組みを理解するどころか、日常生 活を送るための常識もまだ不十分です。運転していて、うっかり道路の反対側を走る 心配がなくなった程度です。
それでもあと半年で卒業してしまいます。あやふやな情報をむりやり総合して身の振 り方をきめなければなりません。この時点で分かっていたことは、

  1. 今はロサンゼルスに十分能力のある作曲家が余っている。
  2. 同じ能力であればアメリカ人作曲家を選ぶ。
  3. このプログラムを修了して作曲家に成れるのは年に2、3人。
  4. その内、「映画」作曲家として成功するのは5〜10年にひとり。
  5. メジャー映画の作曲ができるまでには最低5年。
  6. エージェントは新人の育成はしないので、仕事は自分自信で交渉して取 ってこなければならない。
  7. 音楽の才能は高く見積もって25%程度、あとは人柄とウィットに富んだ 会話。
  8. ウィットに富んだ語学力を身につけるには普通7年かかる。
  9. 何人かの講師が私はロサンゼルスで働けるだろうと思っている。

これだけ悪条件がそろっていているのに、なぜ何人かが私は「ロサンゼルスで働け る」と思っていた理由を是非、よーく聞き出したかったのですが、そのために必要な 「ウィットに富んだ会話」が出来ませんでした。何はなくとも語学力は重要です。し かもアメリカにいれば英語が自然に話せるようになると思ったら大間違いです。驚い たことに、むしろ日本にいた方が良い参考書や先生がそろっています。語学の問題は さておき、とにかくここまで来たのだから、来る前に考えていたとおり「残れるもの なら残ろう」と思いました。

秋学期の終わりに近いある日バディ・ベイカー氏が、サングラスをかけた、いかにも 映画業界人といった風貌の人と歩いていました。何か仕事の打ち合わせをしているの だろうと思っていたのですが、まさかその人がクリストファー・ヤング氏だとは思い ませんでした。20世紀現代音楽を得意とする作風で、アカデミックなバックグラウン ドを感じさる作曲家です。アソシエート・ディーンに昇格したばかりでしたから、私 は勝手に哲学的な風貌の大学教授のような人だと決めてかかっていました。

いよいよ私が目当てにしていたクリストファー・ヤング氏の授業の始まりです。「君 たちは今、ロサンゼルスにいる。たとえこの先どんなことになっても、映画の作曲家 に成れなかったとしても、少なくともここまで来れたということは大変なことだ。ど れだけ多くの人がここまで来ることすらできなかったということを考えてほしい。こ れから君たちには色々なつらいが起るだろう。道は厳しい。しかし決して希望だけは 捨ててはいけない。」

一所懸命生徒を励ましているつもりなのですが、この先大変だということばかり印象 に残りどうしても励まされているように感じません。「私もこのプログラムを終えて から色々苦労をした。多くの事も犠牲にした。ニューヨークの映画館の前を歩きなが ら、どうして自分でなく誰か他の人がやっているのだろう、どうして映画作曲家にな れないのだろう、泣きそうになりながら考えたものだ。」

分厚い自分のスコアを生徒全員に10部ずつ配り、大音響で自分の音楽を聴かせなが ら、「失礼、ちょっと中毒なので」といって窓から半分顔を出してタバコに火をつ け、時々こちらを振り返リながら話しを続けます。(ロサンゼルスでは公共施設でタ バコを吸うのは違法です。)なんだか良く分からないけれど、とにかく一所懸命話を します。一所懸命タバコも吸っています。生徒は勢いに押され、あっけに取られてみ ています。

少々変わった人でも。私は尊敬する作曲家に会えて嬉しかったのですが、あまりの大 音響に他の教授からクレームがつき、「ここでは音楽が聴けない、来週からうちのオ フィスで授業をしよう」ということになりました。どうもこの先生はアソシエート・ ディーンなのに年に1、2回しか大学に来ないようです。忙しいので半分ぐらい授業 をキャンセルするのですが、その代わり卒業式が終わっても2ヵ月ぐらい独自の授業 は続いていました。めったに大学に来ないので卒業式が終わったのに気付いていなか ったのかもしれません。

大音響で耳をやられているせいか、ヤング氏は外国人の英語を理解するのが得意であ りません。イギリス英語を話すヨーロッパの生徒の言葉もよく聞き返しています。ま して私の話していることは半分ぐらいしか通じていないようですが、初めての作曲課 題で直ぐに私が普通の音大生でない事を見破りました。他の生徒が帰ったあとスコア と履歴書を持ってくるよう言われ、あわてて旅行ガイドブックの「アメリカ人へのプ レゼント」の覧を読み直し、スコアといっしょに持っていきました。(つづく)

PAGEのTOPへ!